PR

スポーツ スポーツ

広島の緒方監督が退任意向、昨季まで3連覇も今季4位でCS逃す

広島の緒方孝市監督(戸加里真司撮影)  
広島の緒方孝市監督(戸加里真司撮影)  

 プロ野球広島の緒方孝市監督(50)が就任5年目の今季限りで退任する意向を関係者に伝えたことが1日、分かった。2016年から球団史上初のリーグ3連覇に導いたが、今季4位に転落し、クライマックスシーリズ(CS)進出も逃した。

 連覇を支えた丸佳浩外野手が巨人に移籍し、主力の田中広輔内野手や中崎翔太投手らが振るわず、安定した戦いができなかった。5月は球団記録の月間20勝で盛り返したが、交流戦最下位。20年ぶりの11連敗もあった。

 緒方監督は佐賀・鳥栖高からプロ入りした広島で走攻守三拍子そろった外野手として活躍。野手総合コーチから昇格して15年に監督に就いた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ