PR

スポーツ スポーツ

低迷ゴルフ市場、欧米豪の富裕層に照準 インバウンド開拓で再生へ

「みえゴルフツーリズム推進機構」のモニターツアーに参加したイギリスのゴルフコンサルタント、サラ・フォレストさん。渋野日向子選手について「日本人ゴルファーの存在を知らしめるのにすごく強い影響を与えた」と称賛した =9月18日午後、三重県津市のエクセレントゴルフクラブ伊勢大鷲コース(上野嘉之撮影)
「みえゴルフツーリズム推進機構」のモニターツアーに参加したイギリスのゴルフコンサルタント、サラ・フォレストさん。渋野日向子選手について「日本人ゴルファーの存在を知らしめるのにすごく強い影響を与えた」と称賛した =9月18日午後、三重県津市のエクセレントゴルフクラブ伊勢大鷲コース(上野嘉之撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 ゴルフ人口が大幅に減少してゴルフ場経営の苦境が続く中、インバウンド(訪日外国人客)を開拓して盛り返そうと、「訪日ゴルフツーリズム」の取り組みが広がってきた。三重県は昨年秋に国際的なゴルフ旅行商談会を初開催し、今月には外国人ゴルファーを招いたモニターツアーを実施。北海道のゴルフ場も、9年前からインバウンド誘致に本格的に取り組んでいる。ゴルフは2020年東京五輪で正式種目になるほか、今年8月の全英女子オープンで渋野日向子選手が優勝するなど注目も高まっており、国際展開のチャンスを迎えている。(田村慶子)

国際商談会を初開催

 三重県では昨年10月、海外24カ国・地域から52の旅行会社などを集めた商談会「日本ゴルフツーリズムコンベンション」が初開催された。また今年4月、県やゴルフ業界による「一般社団法人みえゴルフツーリズム推進機構」が発足。訪日客を呼び込もうと、英語での情報発信や、訪日客受け入れ環境の検証・整備などを進めている。

 9月18~24日には、観光庁の「最先端観光コンテンツ インキュベーター事業」として、外国人を招いたモニターツアーを津カントリー倶楽部(津市)などで開催した。このツアーには、日本のゴルフ情報を英語サイトで発信している東京在住のアイルランド人男性、キエロン・カシエルさんも参加。「日本のゴルフ文化は、昼食を一緒に食べて午後のラウンドを回ったり、プレー後に風呂に入ったりとユニーク。おもてなし、行き届いた施設も魅力です」と語った。

 三重県でインバウンド誘致を牽引する日本ゴルフツーリズム推進協会の小島伸浩副会長(津カントリー倶楽部副社長)は、誘致のターゲットをゴルフ文化の伝統があるヨーロッパ、アメリカ、オーストラリアの富裕層だと明かす。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ