PR

スポーツ スポーツ

大谷翔平、スローイング開始 座った状態、短い距離で

左膝蓋骨の手術後初めて記者会見するエンゼルス・大谷=24日、アナハイム(共同)
左膝蓋骨の手術後初めて記者会見するエンゼルス・大谷=24日、アナハイム(共同)

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平が左膝蓋骨の手術後初めて座ったまま短い距離でのスローイングを25日に開始した。オースマス監督が26日のアストロズ戦前に明らかにした。

 今季は打者出場と並行して昨秋に手術した右肘のリハビリを行ってきたが、左膝の手術に伴って中断していた。患部の左膝にプロテクターを装着し、松葉づえを使用して記者会見した24日に「軽めの(スローイング)はもうすぐ始まる」と話していた。順調なら術後10週間ほどでブルペンでの投球練習を再開する見込みで、来季の投打「二刀流」の復活を目指す。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ