PR

スポーツ スポーツ

貴ノ富士、暴行問題で上申書「“こつん”とした」

貴ノ富士
貴ノ富士

 付け人の序二段力士に対する暴行問題を起こした大相撲の十両貴ノ富士(22)=千賀ノ浦部屋=が25日、日本相撲協会のコンプライアンス委員会や師匠の千賀ノ浦親方(元小結隆三杉)から引退を勧告されているとし、適切な措置を求めてスポーツ庁に上申書を提出した。24日には同協会に寛大な処分を求める要望書を提出した。

 上申書や要望書によると、貴ノ富士は8月31日、付け人が自分より先に風呂に入ったのに、あいさつがなかったという理由で、「頭部を拳骨で『こつん』とした」という。付け人にけがはなく、指導の延長だったなどとし、「悪質性は高くない」と主張している。

 協会の担当者は「引退勧告はしていない。できるのは(協会の)理事会。コンプライアンス委員会にそんな権限はない」と否定。千賀ノ浦親方は「今日は話せない」と述べるにとどめた。

 貴ノ富士は昨年にも別の付け人を殴り、出場停止処分を受けた。同協会の懲戒処分は軽い順に、譴責(けんせき)▽報酬減額▽出場停止▽業務停止▽降格▽引退勧告▽懲戒解雇-となっている。2度目の暴行という点を踏まえ、26日の理事会で厳しい処分が出るとみられる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ