PR

スポーツ スポーツ

ラグビー・ウェールズ代表コーチ、賭けに関与の可能性で帰国

 ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会に出場するウェールズのロブ・ハウリー・アシスタントコーチが国際統括団体ワールドラグビーの賭けに関する規則に違反した可能性があるとして、開幕を前に帰国させられたことが分かった。17日、ロイター通信などが報じた。

 ウェールズ・ラグビー協会は「ハウリーは調査に協力するために、ウェールズに戻ったことを確認した」との声明を出し、「現段階でこれ以上の詳細は明らかにできない」とした。W杯で初優勝を目指すウェールズは1次リーグD組で、23日の初戦でジョージアと対戦する。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ