PR

スポーツ スポーツ

ラグビー日本代表、W杯ロシア戦へ本格始動 福岡は別メニュー調整

ラグビーW杯に向け練習する(手前左から)リーチ、マフィら日本代表=東京都内
ラグビーW杯に向け練習する(手前左から)リーチ、マフィら日本代表=東京都内

 ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会で初の8強入りを狙う日本代表が13日、ロシア代表との開幕戦(20日、東京・味の素スタジアム)に向け、東京都内での練習を本格的に開始した。12日に再集合した選手たちは背中に「日本」の文字が入った新しい練習着でピッチに立ち、報道陣に公開された冒頭15分では攻守の連係を確認した。

 負傷で6日の南アフリカ戦を欠場したフッカー堀江(パナソニック)とFW第3列の姫野(トヨタ自動車)、同戦で負傷退場したナンバー8のマフィ(NTTコミュニケーションズ)は全体練習に合流。同戦で右ふくらはぎを痛めたWTB福岡(パナソニック)は別メニューで調整した。選手たちは夕方、都庁での出場チーム歓迎セレモニーに出席。フランカーのリーチ主将(東芝)が「残り7日、勝つために仕上げたい。一つだけ証明したいのは僕たちが強いこと」と決意を述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ