PR

スポーツ スポーツ

初のタイブレーク、東洋が制す 東都大学野球第1週

東洋大・村上頌樹投手は、立正大3回戦に先発(赤堀宏幸撮影)
東洋大・村上頌樹投手は、立正大3回戦に先発(赤堀宏幸撮影)

 東都大学野球リーグ第1週第4日は13日、神宮球場で3回戦1試合が行われ、東洋大が延長十回、タイブレークの末に6-3で立正大を下し、2勝1敗で勝ち点1を獲得した。十回無死一、二塁から始めるタイブレーク制は今季初採用され、1部の試合で初の実施となった。

 東洋大は延長十回、諏訪の2点三塁打と犠飛で3点を勝ち越した。立正大は九回に奈良間の二塁打などで2点差を追い付いたが及ばなかった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ