PR

スポーツ スポーツ

【井崎脩五郎のおもしろ競馬学】電光石火のピカピカ

1着16番ピカピカ=1日、新潟競馬場(奈良武撮影)
1着16番ピカピカ=1日、新潟競馬場(奈良武撮影)

 レース名に、これほどうってつけの馬がいるだろうか。

 この夏、レース前から話題になっていたのが、9月1日(日)、新潟最終レースの「雷光特別」に出走した「ピカピカ」である。

 雷光、すなわち“いなびかり”といえば、形容詞はピカピカ。

 その名も雷光特別に、ピカピカという馬が出てきたのだから、語呂合わせ好きはみんな、一枚買っとくかなあと思ったのではないか。

 ピカピカ(牝4歳、鹿毛、美浦・石毛善彦厩舎)は、父トーセンホマレボシ(京都新聞杯1着、ダービー3着)、母ダンゼロゴールド(1勝)という血統で、デビュー以来12戦して【1・1・1・9】(左から1着、2着、3着、着外の数)という成績での出走だった。勝ったのは、未勝利戦のみ。

 ただし、雷光特別の舞台である、新潟の直線芝1000メートル戦に限ると、5戦して(5)(1)(4)(8)(2)着と、ほとんどのレースで掲示板に載っていた。

 単勝オッズを見たら、このコース適性を買われて、17頭立ての4番人気(6.7倍)になっていた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ