PR

スポーツ スポーツ

大谷が右肘に続き左膝も手術 来季の二刀流復活を優先

 エンゼルスの地元紙「オレンジ・カウンティ・レジスター」は、「大谷の左膝蓋骨が分かれているのは生まれつきで、人口の3%以下というレアケースだという。今年の2月以来、シーズン中も時折大谷を悩ませてきた。MRI検査を受けたこともあった」と伝えた。

 手術以外の方法も考えられたが、このまま投球練習を続けていくと、右腕にも負担を与えかねず、来季からの「二刀流」復活プランが崩れるとして、メスを入れることに至ったという。

 大リーグ2年目の大谷は昨年10月に受けた右肘のトミー・ジョン手術から今年5月に打者専念で復帰。DH(指名打者)として106試合に出場、384打数110安打、18本塁打、打点62で打率2割8分6厘だった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ