PR

スポーツ スポーツ

ラグビーW杯で警察庁が警備対策室設置へ 12警察で最大時計9100人態勢

 20日に開幕するラグビーW杯で、警察庁は12日、11月2日までの大会期間に合わせて警備対策室を設置すると明らかにした。試合会場がある12都道府県の警察と連携して、会場内や会場周辺、大型ビジョンでの試合中継があるファンゾーンなどで雑踏警備のほか飛行が禁止されるドローンの警戒に当たる。

 最大時の警備態勢は、開幕戦(日本対ロシア)が実施される東京都内では警視庁約1700人、決勝戦がある神奈川県では同県警約1500人などを予定。他の10道府県警では最大時に約800~500人の態勢を組むとしており、12都道府県の警察では計約9100人に上る。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ