PR

スポーツ スポーツ

テコンドー協会に注文 スポ庁、合宿不参加で

 スポーツ庁の鈴木大地長官は12日の定例会見で、全日本テコンドー協会の強化合宿に多くのトップ選手が不参加の意向を示したことに関し「残念だ。選手強化に支障を来さぬように組織運営をお願いしたい」と協会の対応に注文を付けた。

 一部の選手は合宿や指導態勢への疑問を示しているという。スポーツ庁は今年、中央競技団体の運営指針「ガバナンスコード」を策定し、健全な組織体制の構築や積極的な情報開示を各団体に求めている。

 日本オリンピック委員会(JOC)による理事会の完全非公開化にも言及し「メディアに情報開示されることが大事だ」と指摘。JOCには「統括団体として競技団体に範を示す運営を期待したい」と語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ