PR

スポーツ スポーツ

日本、W杯予選初戦に勝利 ミャンマーに敵地で2-0

試合に勝利しスタンドの声援に応える久保建英(中央)ら日本イレブン=トゥウンナスタジアム(蔵賢斗撮影)
試合に勝利しスタンドの声援に応える久保建英(中央)ら日本イレブン=トゥウンナスタジアム(蔵賢斗撮影)

 【ヤンゴン=五十嵐一】サッカーの2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア2次予選F組で日本は10日、ヤンゴンでの初戦でミャンマーを2-0で破り、7大会連続本大会出場を目指す戦いの初戦を白星で飾った。

 ピッチが雨でぬかるむ悪環境の中、国際サッカー連盟(FIFA)ランキング33位の日本は同135位の相手を押し込み、前半に中島(ポルト)と南野(ザルツブルク)がゴール。後半、途中出場した久保建(マジョルカ)は18歳98日でW杯アジア予選での日本の最年少出場となった。

 モンゴルとの第2戦は10月10日に埼玉スタジアムで行われる。

 2次予選は40チームが5チームずつ8組に分かれてホームアンドアウェーで対戦し、各組1位と2位の成績上位4チームの計12チームが最終予選に進む。F組のもう1試合はタジキスタンがモンゴルに1-0で勝ち、2連勝とした。モンゴルは1勝1敗。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ