PR

スポーツ スポーツ

炎鵬“曲芸”3連勝 視界不良も土俵際回り込む

【大相撲九月場所(秋場所)3日目】琴勇輝を下した炎鵬=両国国技館(撮影・中井誠)
【大相撲九月場所(秋場所)3日目】琴勇輝を下した炎鵬=両国国技館(撮影・中井誠)

 大相撲秋場所3日目の10日、花道を引き揚げ、風呂から上がった炎鵬に相撲内容を尋ねると「覚えていない」と首を振るばかりだった。冒頭で琴勇輝の突きが目に入り、視界が悪いまま相撲をとっていたという。本能のままに動き、“曲芸”のような相撲で白星を挙げた。

 立ち遅れて琴勇輝に押し込まれた。低い姿勢で懐に飛び込んで押しつぶされると今度は後方へ。のけ反った土俵際では相手の左腕をつかんで持ちこたえ、俵を伝ってしぶとく右に回り込んだ。最後は右前まわしをつかみ一気に寄り切った。

 幕内3場所目。経験が蓄積され、冷静に相撲を取れるようになった。この日の朝稽古後、「土俵の感覚が染みついてきた。今は自分のイメージで取れている」と口にしていた。丸い土俵の幅、奥行きを身体が覚え、目に頼ることなく、土俵際での動きがさえた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ