PR

スポーツ スポーツ

JOC、非公開で理事会開催 対応方針など決定

 日本オリンピック委員会(JOC)は10日、東京都内で理事会を開き、非公開とした理事会後のメディアなどへの対応方針を決めた。

 JOCは理事会終了後に毎回、担当者が審議内容を一元化して報道陣に説明する。会議内での意見なども明らかにするが、発言者は特定されない形にするとした。他団体との調整が必要な事項や、JOCの正当な利益が害される可能性があると判断した事項は公表しない。議事の概要は1カ月後をめどにホームページに掲載する。

 JOCによると、非公開化決定後、初の開催となった今回は8割程度の出席者から発言があったという。非公開に反対した高橋尚子理事は、議論が活性化したかどうかについて「1回(の開催)で変わる、変わらないではないと思う」と語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ