PR

スポーツ スポーツ

【サッカー日本代表】今夜、W杯アジア2次予選のミャンマー戦を速報します

ミャンマー戦の前日練習で、ランニングする日本イレブン=ヤンゴン市内(蔵賢斗撮影)
ミャンマー戦の前日練習で、ランニングする日本イレブン=ヤンゴン市内(蔵賢斗撮影)

 サッカー日本代表は日本時間の10日午後9時20分からミャンマーのヤンゴンで、2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア2次予選F組初戦となるミャンマー戦に臨みます。

 日本は5日に茨城・カシマスタジアムで行われた強豪パラグアイ代表との国際親善試合を、エースFWの大迫(ブレーメン)と南野(ザルツブルク)のゴールで2-0と快勝し、ミャンマー戦に向けて順調に調整を進めてきました。

 日本の実績はF組の中で突出しており、アジア2次予選突破に最も近いことは確かです。しかし、各国が威信を懸けて挑むW杯予選では何が起きてもおかしくありません。15年6月に行われた前回のW杯ロシア大会アジア2次予選初戦で、当時の国際サッカー連盟(FIFA)ランク52位の日本は格下とみられた同154位のシンガポールとホームで引き分けています。

 最新のFIFAランクは日本の33位に対しミャンマーは135位。過去の対戦成績は、日本の5勝5分け2敗となっています。産経ニュースでは、大迫や吉田(サウサンプトン)、長友(ガラタサライ)ら経験豊富な実力者に18歳の久保建(マジョルカ)ら若手を加えて注目される日本のミャンマー戦を速報します。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ