PR

スポーツ スポーツ

稲葉監督、韓国プロ野球視察終える プレミア、五輪のライバル

 野球日本代表の稲葉篤紀監督が9日、11月に行われる国際大会「プレミア12」や東京五輪でライバルとなる韓国の視察を終えて帰国し、羽田空港で「今の韓国野球がどうなのか、自分の目で確認できた」と収穫を語った。

 現地では韓国プロ野球を4試合観戦。「打つ野球と思っていたが、投手中心の野球になってきていると感じた。各チームともいい選手がそろっているので、ナショナルチームになったときはいいチームになると思う」と警戒を強めた。

 韓国はプレミア12で1次ラウンドC組に入っており、B組の日本とは2次ラウンドで対戦する可能性がある。2015年の前回大会では準決勝で韓国が日本に逆転勝ちし、米国との決勝も制して初代王者に輝いた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ