PR

スポーツ スポーツ

台風、秋場所取組も乱れる 力士15人が間に合わず

台風15号の影響で一時運転を見合わせた東海道新幹線が再開し、切符の変更などで列に並ぶ人たち=9日午前、JR新横浜駅
台風15号の影響で一時運転を見合わせた東海道新幹線が再開し、切符の変更などで列に並ぶ人たち=9日午前、JR新横浜駅

 台風15号の影響で交通機関が乱れ、大相撲秋場所2日目は取組時間に遅れる力士が相次いだ。日本相撲協会は序ノ口の開始を午前8時40分から同9時10分に繰り下げたが、三段目までの力士15人が間に合わなかった。13番が後回しされ、予定より遅れて行われた。

 この日最初の一番が組まれていた序ノ口の琴大村(佐渡ケ嶽部屋)は、午前8時半に千葉県松戸市の部屋を出て、約2時間かけて両国国技館に到着。後回しになった土俵で勝ち、「不戦敗になるんだろうなと諦めていた。勝ててよかった」。7、8人の力士と一緒に満員電車に乗ったといい、「みんなぎゅうぎゅう。狭いし暑いし」と苦笑いしていた。

 千葉県鎌ケ谷市の朝日山部屋は4力士が間に合わなかった。師匠の朝日山親方(元関脇琴錦)によると、力士らは知人の車で国技館に送ってもらったという。

 親方は午前10時ごろから審判業務があり、一足早く車で出発して間に合った。「ほっとしている。無事に終われてよかった。(力士を)ホテルに泊まらせても良かったかもしれない」と複雑な表情だった。

(浜田慎太郎)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ