PR

スポーツ スポーツ

30日から体操の全日本シニア 内村、4カ月ぶり実戦へ

会場で記者会見を行った内村航平
会場で記者会見を行った内村航平

 体操の全日本シニア選手権が30日から福井市で行われる。4月の全日本選手権以来、4カ月ぶりの実戦となる内村航平(リンガーハット)は29日、会見に臨み「今の状態でどこまでできるか確認し、次に向けていい形でつなげたい」と抱負を語った。

 懸案だった肩痛は落ち着き、練習を積めていたが、2週間前に腰を痛めた。「痛みがまだ少しある。またやってしまうのではという不安が多少あるが、これくらいの痛みなら試合はできる」。平行棒で新たな終末技を組み込む予定で、「東京五輪を見据えたら今から試しておく必要がある。集中して成功させたい」という。

 村上茉愛(まい)(日体ク)は腰痛も収まり、「世界選手権に出る選手に負けないキレのある演技をしていきたい」と意気込みを述べた。競技人生の集大成と見定める東京五輪に向けて、今大会から床運動で曲を新しくする。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ