PR

スポーツ スポーツ

【日本高校ダンス部選手権】クロヒョウの迫力たっぷり 大阪市立汎愛

演技する大阪市立汎愛高校(大阪府)=16日、横浜市のパシフィコ横浜(三尾郁恵撮影)
演技する大阪市立汎愛高校(大阪府)=16日、横浜市のパシフィコ横浜(三尾郁恵撮影)

 横浜市西区のパシフィコ横浜で16日に開催された高校ダンス部の日本一を決める「第12回日本高校ダンス部選手権(スーパーカップダンススタジアム)」のビッグクラス(13~40人)の全国大会に出場した大阪市立汎愛。「クロヒョウ」をテーマに、動物の強さと美しさをイメージし、迫力たっぷりの演技を披露した。メンバー全員が顔から腕にかけて右半分をネットやスパンコールの衣装で固め、ジャングルで獲物をあさる様子などを表現した。

 振り付けや衣装、選曲は部員だけで考えている。作品づくりの過程で、まさにクロヒョウのように心も体も強くなったという。

 部長の葉山寸未礼さん(17)は「ダンスを通して成長したメンバーの集大成を存分に発揮できました」と話した。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ