PR

スポーツ スポーツ

【日本高校ダンス部選手権】帝塚山学院が初優勝 ビッグクラス

演技する帝塚山学院高校(大阪府)=16日、横浜市のパシフィコ横浜(三尾郁恵撮影)
演技する帝塚山学院高校(大阪府)=16日、横浜市のパシフィコ横浜(三尾郁恵撮影)
その他の写真を見る(1/4枚)

 高校のダンス部日本一を決める「第12回日本高校ダンス部選手権(スーパーカップダンススタジアム)」(産経新聞社ほか主催、エースコック特別協賛)の全国大会「ビッグクラス(13~40人)」決勝が16日、横浜市で行われ、帝塚山学院(大阪)が初優勝に輝いた。

 帝塚山学院は、芸術家の岡本太郎さんの巨大壁画「明日の神話」を題材に、「核兵器に負けない人間の強さ」を表現した。

 ジャズやバレエのしなやかな動きを織り交ぜつつ、ダイナミックでストーリー性のある感動的なパフォーマンスを披露し、会場からは大きな拍手が送られた。

 準優勝は、府立堺西(大阪)。優秀賞は府立久米田(同)、三重(三重)、駒沢大学(東京)、府立東百舌鳥(大阪)、同志社香里(同)、山村国際(埼玉)の6校だった。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ