PR

スポーツ スポーツ

作新学院が岡山学芸館破り8強 夏の甲子園第10日第1試合

【第101回全国高校野球 作新学院(栃木)-岡山学芸館(岡山)】5回、2点適時二塁打を放つ作新学院・福田真夢=甲子園球場(水島啓輔撮影)
【第101回全国高校野球 作新学院(栃木)-岡山学芸館(岡山)】5回、2点適時二塁打を放つ作新学院・福田真夢=甲子園球場(水島啓輔撮影)

 全国高校野球選手権大会第10日は16日、甲子園球場で3回戦が行われ、第1試合は作新学院(栃木)が岡山学芸館に18-0で大勝し、準々決勝に進出した。

 作新学院は林が八回2死まで無安打と好投した。直球を中心にスライダーなどの制球も良く、許した安打は1本だけだった。救援の三宅も得点を許さず無失点リレー。打線は19安打で18得点を挙げる猛攻。六回までに10点を先行。八回には8点を加えて、突き放した。

 岡山学芸館は投手陣が打ち込まれた。打線も序盤の好機を逃した。

▽岡山学芸館(岡山)-作新学院(栃木)

   (8時01分、観衆2万8000人)

作新学院 113 122 080-18

岡山学芸館000 000 000-0

(作)林、三宅-立石

(岡)丹羽、中川、西村、仲村、射水、丹羽-溝上、外間

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ