PR

スポーツ スポーツ

鶴岡東が習志野に打ち勝つ 夏の甲子園第9日第2試合

9回、鶴岡東・丸山蓮(7)が2打席連続の本塁打を放った=甲子園球場(林俊志撮影)
9回、鶴岡東・丸山蓮(7)が2打席連続の本塁打を放った=甲子園球場(林俊志撮影)

 全国高校野球選手権大会第9日は14日、甲子園球場で2回戦が行われ、鶴岡東(山形)が今春の選抜大会準優勝の習志野(千葉)を9-5で下して、3回戦に進んだ。

 鶴岡東は二回、山路の適時打など6長短打を集めて5点を先制し、主導権を握った。八回に丸山のソロ本塁打などで3点。九回に丸山の2打席連続本塁打で1点を加えた。影山-池田の継投で、反撃をかわした。守備も無失策ともり立てた。

 習志野は先発の山内が二回途中5失点。2番手のエース飯塚も2本塁打を浴びた。

▽習志野(千葉)-鶴岡東(山形)

(11時03分、観衆4万4000人)

鶴岡東050 000 031-9

習志野000 200 120-5

(鶴)影山、池田-大井

(習)山内、飯塚-兼子

▽本塁打 丸山1号(1)(飯塚)=8回

 丸山2号(1)(飯塚)=9回

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ