PR

スポーツ スポーツ

仙台育英が3投手の継投で逃げ切る 夏の甲子園鳴門戦

【第101回全国高校野球】 鳴門(徳島)-仙台育英(宮城) 9回、投球する仙台育英の笹倉世凪 =14日、甲子園球場(渡辺恭晃撮影)
【第101回全国高校野球】 鳴門(徳島)-仙台育英(宮城) 9回、投球する仙台育英の笹倉世凪 =14日、甲子園球場(渡辺恭晃撮影)

 仙台育英は3投手による継投で鳴門に逃げ切った。「6番・三塁」で先発した大栄は鳴門に追い上げられた四回途中にマウンドへ。適時打を許したが1点差で食い止め、五、六回を無失点。守備の際も打者を観察していたそうで「インコースへ臆することなく投げられた」とうなずいた。

 一塁手で途中出場していた笹倉が七回から3番手で登板。3回を2安打無失点で乗り切った1年生の左腕投手は「一番はほっとしている。投げきって勝つことができてうれしい」と息をついた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ