PR

スポーツ スポーツ

マフィ選手次回審問は来年 ラグビーW杯出場に配慮か

 昨年ニュージーランドで暴行事件を起こしたラグビー日本代表のアマナキ・レレイ・マフィ選手(29)について同国の裁判所は14日、次回の審問日程を来年1月27日と決めた。地元メディアが伝えた。引き続き保釈が認められ、9月に日本で開幕するワールドカップ(W杯)出場に配慮したとみられる。

 マフィ選手はスーパーラグビーのレベルズ(オーストラリア)に所属していた昨年7月、遠征先のニュージーランドで同僚選手と口論となり暴行した疑いで一時身柄を拘束された。正当防衛として無罪を主張しているが、有罪となると最長5年の禁錮刑の可能性がある。

 マフィ選手は謹慎のため日本代表から外れたが、今年3月に代表関連活動に復帰。W杯前哨戦のパシフィック・ネーションズカップにも出場した。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ