PR

スポーツ スポーツ

監督はパン職人…“焼き上がる”のを待って変わった主将 

6回、生還した立命館宇治・荒井豪太を迎える里井祥吾監督(右)=甲子園球場(門井聡撮影)
6回、生還した立命館宇治・荒井豪太を迎える里井祥吾監督(右)=甲子園球場(門井聡撮影)

 第101回全国高校野球選手権は13日、2回戦で37年ぶり出場の立命館宇治(京都)が強豪の星稜(石川)と対戦し、3-6で敗れた。実家が営むパン屋でパン職人との二足のわらじを履く立命館宇治の里井祥吾監督は「生徒の指導はパン作りと同じで待つことが大事。押しつけるのではなく、自ら考えさせる」と生徒の自主性を重んじてきた。そんな指導の下、控えの吉村仁(じん)主将の成長があった。

 里井監督の朝は早い。平日は午前4時ごろに起床し、京都市内のパン屋で昼過ぎまでパンを焼く。仕事が終われば京都府宇治市のグラウンドに通う多忙な日々を過ごす。

 鳥羽(京都)時代に内野手として春夏3度、甲子園に出場した。立命大硬式野球部3年生で全日本選手権に出場したが、念願のプロ入りはかなわなかった。「家業を継ぐか」。そう考えていた折に声が掛かり、平成18年から立命館宇治のコーチとなり、4年前に監督に就任した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ