PR

スポーツ スポーツ

ヤ8-7D ヤクルトが乱戦制す

7回、適時二塁打を放つヤクルトのウラディミール・バレンティン=神宮球場(長尾みなみ撮影) 
7回、適時二塁打を放つヤクルトのウラディミール・バレンティン=神宮球場(長尾みなみ撮影) 

 ヤクルトが乱打戦を制した。7-7の七回にバレンティンの適時二塁打で1点を勝ち越した。5番手の梅野が今季初勝利。DeNAは3連敗を喫した。三回までに5-1とリードしながら、先発した上茶谷が4回7失点と崩れた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ