PR

スポーツ スポーツ

「目標は勝てる捕手」 つくば市出身のロッテ柿沼友哉捕手

 4年目の今シーズンは1軍での先発出場が増え、種市篤暉(あつき)投手(20)ら2軍で受けていた若手とバッテリーを組むことが多い。

 「そういう投手を勝たせてあげれば(首脳陣も)僕を使いたくなるはず。一番の目標は勝てる捕手です」

 6月22日、ヤクルトとの交流戦(神宮)ではレフトポール直撃のプロ初本塁打を放ち、勝利に貢献した。

 「代打を送られると思ったら井口さん=資仁(ただひと)監督=が『打ってこい!』と。何とか塁へ出たい思いでした」と笑顔で語る。取手市に住む両親は偶然この日が結婚記念日で、ホームランボールをプレゼントできた。

 自然が残り、都市も整備されたつくばを「とかいなか」と表現し、「子供のころは『つくばエキスポセンター』によく通いました」と懐かしむ。「心の故郷でもある茨城の人に僕を知ってもらい、ロッテを応援してほしい」と願う。

(水戸支局 三浦馨)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ