PR

スポーツ スポーツ

明石商、敵失逃さず得点 したたかに夏初勝利

花咲徳栄-明石商 7回裏明石商無死一、三塁、重宮が右前に決勝打を放つ。捕手菅原=甲子園
花咲徳栄-明石商 7回裏明石商無死一、三塁、重宮が右前に決勝打を放つ。捕手菅原=甲子園

 今春の選抜大会4強の底力を見せつけた。明石商が2年前の夏の王者、花咲徳栄に競り勝ち、夏の甲子園初勝利。勝利の瞬間、思わず跳びはねて喜んだ狭間監督は「強豪から部員全員が勝ち取った1勝」と悦に入った。

 2度の敵失を確実に得点につなげたのが接戦を制した要因だ。2-2と同点に追いつかれた直後の六回、2死一塁から遊ゴロを相手が悪送球して一、三塁。「ピッチャーは動揺して甘い球が来る」。河野は思惑通り、2球目の内角直球を右前にはじき返す適時打で勝ち越した。

 再び3-3に追いつかれた七回。無死二塁からバント処理の悪送球で、一、三塁とチャンスが広がる。主将の重宮はスクイズを失敗したが、「取り返そう」との一心で執念の右前適時打を放ち、これが決勝点。したたかにチャンスを生かし、重宮は「相手のミスをものにできたのが勝利につながった」と胸を張った。

 「粘り勝つ野球」を掲げる狭間監督。ベンチでは身ぶり手ぶりで感情を表に出し、グラウンドに立つナインも明るい雰囲気に包まれる。重宮は七回にスクイズを失敗した場面もうつむかず、笑顔で打席に立っていた。「監督が明るいので、土壇場でもイケイケになるのは強み」と河野。劣勢でも諦めない姿勢が、チームの粘り強さを支えている。(岡野祐己)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ