PR

スポーツ スポーツ

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】残された時間は多くない…鳥谷去就のタイムリミットは

 昨年は17年ぶりの最下位となり、今季もBクラス低迷…。鳥谷の衰えと同時にチームも衰退しています。矢野阪神は一刻も早くポスト鳥谷の不動の遊撃手を作ることです。それがタイガースをもう一度、優勝戦線に浮上させる最善手なのです。

 そして、鳥谷は今なにを思い、この先、どう行動するのか-。決断が明らかになる日は遠くありませんね。

【プロフィル】植村徹也(うえむら・てつや)

 1990(平成2)年入社。サンケイスポーツ記者として阪神担当一筋。運動部長、局次長、編集局長、サンスポ特別記者、サンスポ代表補佐を経て産経新聞特別記者。阪神・野村克也監督招聘(しょうへい)、星野仙一監督招聘を連続スクープ。ラジオ大阪(OBC)の金曜日午後9時から「NEWS TONIGHT いいおとな」(http://www.obc1314.co.jp/bangumi/iiotona/caster.html)の『今日の虎コーナー』や土曜日午後7時45分からの「まさと・越後屋のスポーツ捕物帳!」(http://www.obc1314.co.jp/bangumi/okini/)に出演中。「サンスポ・コースNAVI」(http://www.sanspo.com/golf/tokushu/golf-t24944.html)ではゴルフ場紹介を掲載、デジタルでも好評配信中。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ