PR

スポーツ スポーツ

キングカメハメハ死す 04年ダービー馬、18歳牡馬

キングカメハメハ
キングカメハメハ

 日本中央競馬会(JRA)は10日、2004年の日本ダービーを制し、種牡馬としても2頭のダービー馬や多数のGI馬を輩出したキングカメハメハ(18歳牡馬)が9日に死んだと発表した。繋養していた社台スタリオンステーション(北海道安平町)によると、同日夕方に体調が急変。治療を施したが午後11時ごろ息を引き取ったという。

 03年11月にデビューした同馬は、安藤勝己騎手を背に04年5月のNHKマイルカップでGI初制覇を果たし、続くダービーも優勝。しかし秋初戦の神戸新聞杯を快勝後、右前脚の故障で8戦7勝(重賞4勝)の成績を残して引退した。

 先月30日に死んだディープインパクトとともに、種牡馬としても活躍。主な産駒にダービー馬のドゥラメンテ、レイデオロのほか、3冠牝馬のアパパネ、GI6勝のロードカナロアなどがいる。種牡馬ランキングでは10、11年で1位の後、昨年まで7年連続でディープインパクトに次ぐ2位になっていた。免疫機能の低下で今年、種牡馬を引退して療養していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ