PR

スポーツ スポーツ

松山は6打差20位に 米男子ゴルフのPO第1戦第2日

第1ラウンド、3番で第3打を放つ松山英樹=リバティーナショナルGC(共同)
第1ラウンド、3番で第3打を放つ松山英樹=リバティーナショナルGC(共同)
その他の写真を見る(1/3枚)

 米男子ゴルフのプレーオフ第1戦、ノーザントラストは9日、ニュージャージー州ジャージーシティーのリバティーナショナルGC(パー71)で第2ラウンドが行われ、33位で出た松山英樹は5バーディー、1ダブルボギーの68で回り、通算6アンダーの136で20位に浮上した。首位とは6打差。

 5バーディー、1ボギーの67で回ったダスティン・ジョンソンが通算12アンダー、130でトップ。1打差の2位にジョーダン・スピースがつけた。タイガー・ウッズ(いずれも米国)はスタート前に脇腹の痛みを訴えて棄権した。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ