PR

スポーツ スポーツ

吉田・吉岡組が「銀」で東京五輪へ 今季一番の目標「結果出せた」 セーリング470級世界選手権

セーリングの世界選手権女子470級で総合2位の吉田愛(左)、吉岡美帆組。東京五輪代表に決まった=9日、神奈川県江の島沖
セーリングの世界選手権女子470級で総合2位の吉田愛(左)、吉岡美帆組。東京五輪代表に決まった=9日、神奈川県江の島沖

 江の島の風に乗った。セーリングの470級世界選手権で、吉田、吉岡組が今季一番の目標に掲げていた東京五輪代表をつかみとった。吉岡は「江の島らしい潮風で、いつも通りの走りができた。結果を出せてとてもうれしい」と笑顔で喜んだ。

 表彰台に立てば五輪代表が決まる条件だった。この日のメダルレースは8位だったが、8日まで安定したレースを積み重ね、後続を引き離していた。貯金を生かしての総合2位に、吉田は「自分たちのパフォーマンスがしっかり出せて自信になった」と手応えを口にした。

 38歳の吉田と28歳の吉岡は2013年にペアを結成した。17年に長男を出産し、競技と子育てを両立している吉田は「2人が海の上に出たときに『ベストの状態でいよう』と約束をしている。オンオフのメリハリがつくようになった」とペアとしての成長を語る。

 セーリングの日本勢で最初の代表切符を手にした。約1年間の準備期間がある。「スタートの正確性とコンビネーションの部分をもっと上げていきたい」と吉田。金メダルに向けて追い風に乗った。(神田さやか)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ