PR

スポーツ スポーツ

習志野、夏20勝 終盤に底力 エース飯塚 六回から好救援

 1点ビハインドで迎えた九回、1死から安打で出塁した山内が「あきらめたら終わり。夢中で走った」と決死の盗塁を決める。さらに相手失策で1死一、三塁にチャンスを広げると、1番・角田の適時打で再び同点とし、勝負は延長戦にもつれ込んだ。

 最後は延長十回、和田の「狙い球を決めて思いっきり振った」という適時二塁打が飛び出し、激闘を制した。投げては六回途中からマウンドに上がったエース・飯塚が躍動。「この流れをどうにかして食い止めたい」と、好救援でチームを勝利に導いた。

 小林徹監督は「選手たちはよく頑張った。この経験を次のゲームに生かしたい」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ