PR

スポーツ スポーツ

習志野、夏20勝 終盤に底力 エース飯塚 六回から好救援

十回、習志野・和田泰征の勝ち越し適時打で生還する桜井亨佑(画面下)。右は沖縄尚学の永山蒼=甲子園球場(恵守乾撮影)
十回、習志野・和田泰征の勝ち越し適時打で生還する桜井亨佑(画面下)。右は沖縄尚学の永山蒼=甲子園球場(恵守乾撮影)

 第101回全国高校野球選手権大会第4日の9日、8年ぶり9度目の出場となる習志野(千葉)は第3試合で沖縄尚学(沖縄)と対戦し、5-4で勝利した。延長戦にもつれ込む競った展開となったが、最後まで粘り強い打線で食らいつき、夏通算20勝目を挙げた。2回戦は大会第9日の第2試合で、鶴岡東(山形)と対戦する。(白杉有紗)

 習志野は二回、2死三塁の好機を作ると、8番・山内が左前適時打を放ち、幸先良く先制点を奪う。四回には1死三塁から6番・和田がスクイズを決め1点を追加。リードを広げる。

 序盤は好投していた先発・山内。だがこの裏、相手打線につかまり、3失点で逆転を許す。習志野は直後の五回に3番・根本の中前適時打で試合を振り出しに戻すが、再び追加点を奪われ追う展開となる。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ