PR

スポーツ スポーツ

田中がフォーム修正 癖で球種伝わるのを防ぐ目的

ヤンキースの田中将大(AP)
ヤンキースの田中将大(AP)

 ヤンキースの田中は10日(日本時間11日)のブルージェイズ戦先発に備え、8日はブルペンで26球を投げた。計測機器を置き、課題とするスプリットを投げた後は立ち会ったアナリストと言葉を交わす場面もあった。ロスチャイルド投手コーチによると、癖で相手に球種が伝わらないようフォームの修正を図ったそうで、セットポジションの構えを確認していた。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ