PR

スポーツ スポーツ

「第12回日本高校ダンス部選手権」関東・甲信越Cブロックの決勝進出校が決定

ビッグクラスで優勝した二松学舎大付高校(東京都)=8日、東京都大田区(佐藤徳昭撮影)
ビッグクラスで優勝した二松学舎大付高校(東京都)=8日、東京都大田区(佐藤徳昭撮影)
その他の写真を見る(1/6枚)

 高校ダンス部の日本一を決める「第12回日本高校ダンス部選手権(スーパーカップダンススタジアム)」(産経新聞社ほか主催、エースコック特別協賛)の関東・甲信越地区大会Cブロックが8日、東京都大田区の片柳アリーナで行われた。

 13-40人で演技する「ビッグクラス」で二松学舎大学付属(東京)など8校、2-12人の「スモールクラス」で同校など7校が、今月15、16日の両日に横浜市西区のパシフィコ横浜で開かれる全国大会へのめた。

 結果は次の通り。

「ビッグクラス」優勝=二松学舎大学付属(東京)▽準優勝=駒沢大学(東京)▽3位=都立王子総合(東京)▽入賞=県立光陵(神奈川)、都立大森(東京)、山村国際(埼玉)、県立市ケ尾(神奈川)、県立横浜平沼(神奈川)

 「スモールクラス」優勝=二松学舎大学付属(東京)▽準優勝=県立伊勢崎清明(群馬)▽3位=山村学園(埼玉)▽入賞=浦和学院(埼玉)、品川エトワール女子(東京)、駒沢大学(東京)、県立大和南(神奈川)

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ