PR

スポーツ スポーツ

渋野帰国会見詳報 「笑顔は世界共通」「五輪で金メダルを」

前のニュース

帰国後、羽田空港内で会見する渋野日向子(桐原正道撮影)
帰国後、羽田空港内で会見する渋野日向子(桐原正道撮影)
その他の写真を見る(1/6枚)

 英ミルトンキーンズのウォバーンGCで行われた女子ゴルフのメジャー最終戦、AIG全英女子オープンで初出場優勝を果たした20歳の渋野日向子(ひなこ)が6日帰国し、羽田空港で記者会見した。主な一問一答は以下の通り。

 《無数のフラッシュライトを浴びながら、渋野は満面の笑顔で会見場に姿を見せ、挨拶した》

 「このたびはお忙しい中、お集まりいただきありがとうございます。このたびAIG全英女子オープンで42年ぶりの日本人優勝をすることができました。正直、すごく今緊張して何しゃべっていいかわからなけど、うれしく思います。ありがとうございます」

 《花束贈呈の後、質疑応答が始まった》

 --おかえりなさい

 「帰りました!」

 --帰国の気持ち

 「イギリスに着いたときから日本に帰りたいと思っていた。帰れてうれしい」

 --帰国の機内では何をしていた?

 「飛行機では寝て、ご飯食べて、寝て、フルーツ食べて。JALさんからケーキいただいて食べた。すごいおいしかった」

 --お祝いのメッセージはどれくらい?

 「1000件弱くらい。かなり来た。返しきれてない」

 --実感は

 「まだすごいことをした実感はあまりないけど、段々とわいてくるのかと思う」

 --試合を振りかえって。最終日はどんな気持ち?

 「特に緊張はしなかったけど、出だし3番からダボを打ってしまって。攻めた結果だった。怒ることはなかったけど、悲しくなってきた。それでも何とも思わず攻めてがんばっていた。最後の方はちょっと緊張したけど、お菓子食べて緊張を和らげていた」

 --優勝を意識したのはいつから?

 「3日目終わった時点で単独首位で意識はしていた」

 --確信に変わったのはいつ?

 「最後のパットが入ってから。映像を見させてもらいましたが、かなり強かった」

 --ガッツポーズもしていた

 「驚きすぎて、涙も出てこないくらいびっくりしていた。泣きそうになったが、出てこなかった。うれしかったんだと思う」

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ