PR

スポーツ スポーツ

2021年秋にラグビープロリーグ 清宮副会長が構想披露

日本ラグビーフットボール協会・清宮克幸副会長(山田俊介撮影)
日本ラグビーフットボール協会・清宮克幸副会長(山田俊介撮影)

 日本ラグビー協会の清宮克幸副会長は28日、東京都内で開かれたシンポジウムで、新たにプロリーグを立ち上げ、2021年秋の開幕を目指す構想を明らかにした。9月開幕のワールドカップ(W杯)日本大会の12会場を本拠地とするチームを優先して発足させ、企業の社員選手とプロが混在する現在のトップリーグ(TL)は21年春に終了させる。詳細な構想は今年11月をめどに発表する。

 清宮副会長は日本協会の財政難や競技人口減少などの課題を挙げ、「日本のラグビーを変えるにはプロ化しかない。僕の中で答えは一つ」と力を込めた。参加を希望するチームには企業から独立した運営法人の設立やアカデミー保有などを求めるほか、札幌市や大分市など、拠点を置くTLチームのないW杯開催都市への本拠地移転も促すという。

 TLの各チームにはすでに構想を伝えたといい、バスケットボール男子Bリーグ設立にも関わった境田正樹理事は「多くのチームの代表者の賛同を得られたのではないか」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ