PR

スポーツ スポーツ

国学院久我山、28年ぶり夏の甲子園へ

優勝しマウンドに集まる国学院久我山ナイン。左から2人目は先発・高下耀介=28日、神宮球場(萩原悠久人撮影)
優勝しマウンドに集まる国学院久我山ナイン。左から2人目は先発・高下耀介=28日、神宮球場(萩原悠久人撮影)

 第101回全国高校野球選手権大会は28日、神宮球場で西東京大会決勝が行われ、国学院久我山が競り合いの末に4-2で創価を下し、28年ぶり3度目の優勝を果たした。東東京大会代表の関東第一とともに、8月6日開幕予定の夏の甲子園大会に出場する。

 1点を争う好ゲームは、九回の好機に勝ち越した国学院久我山が勝利した。

 国学院久我山は、準々決勝でサヨナラ満塁弾を放った4番・宮崎の適時打で先制。二回にも青木のスクイズで1点を追加した。創価は六回に中山の本塁打で同点に追い付いたが、九回にエース古川がつかまり、岡田、宮崎の適時打で2点差に。九回裏は2死一、二塁と粘ったが及ばなかった。

 国学院久我山の尾崎直輝監督は「苦しい場面でも選手たちがうまく気持ちを切り替えることができた。甲子園では1勝でも多く積み重ねたい」と語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ