PR

スポーツ スポーツ

大船渡の佐々木投手が160キロを記録

大船渡先発の佐々木朗希投手=岩手県営野球場(土谷創造撮影)
大船渡先発の佐々木朗希投手=岩手県営野球場(土谷創造撮影)

  第101回全国高校野球選手権大会岩手大会の4回戦が21日、盛岡市の岩手県営野球場で行われ、大船渡の佐々木朗希投手が盛岡四戦で球速160キロをマークした。2-0の八回2死走者なしから、3番打者への3球目で、計測した。

 3年生の佐々木投手は4月、今夏に韓国で開催される18歳以下によるU18ワールドカップ(W杯)の高校日本代表1次候補合宿で、プロ野球中日のスピードガンで163キロを記録した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ