PR

スポーツ スポーツ

2年連続Vの二松学舎大付が初戦敗退 夏の高校野球東東京大会

 第101回全国高校野球選手権大会は17日、東東京大会で3回戦13試合が、西東京大会で3回戦6試合と4回戦4試合がそれぞれ行われた。東東京大会では昨年まで2年連続で優勝を果たし、甲子園に出場した二松学舎大付が初戦で修徳に1-2で敗れる波乱があった。王子総合はシード校の小松川にコールド勝ちした。

 西東京大会は明星、日大鶴ケ丘、世田谷学園、豊多摩が4回戦を突破した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ