PR

スポーツ スポーツ

大関貴景勝が負け越しで関脇転落決定 在位2場所

貴景勝
貴景勝

 かど番の大相撲名古屋場所を右膝負傷で初日から休場している東大関貴景勝(22)=本名佐藤貴信、兵庫県出身、千賀ノ浦部屋=の関脇転落が13日、決まった。同日に発表された8日目の取組に入らず、2場所連続での負け越しが確定。9月の秋場所で10勝以上を挙げれば大関に復帰できる。

 大関昇進2場所での転落は現行制度となった1969年名古屋場所以降で、2000年名古屋場所の武双山(1場所で大関復帰)以来2人目。大関から降下するのは同制度以降で3月の春場所の栃ノ心以来、19人目(22例目)。

 貴景勝は新大関で臨んだ5月の夏場所で負傷した。途中休場後に一度は再出場したが、大関以上では極めて珍しく再休場。今場所前は稽古再開後もペースが上がらず、全休の意向を示していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ