PR

スポーツ スポーツ

馬場はシュート1本に終わる NBAサマーリーグ

クロアチア代表戦でシュートを狙う、マーベリックスの一員として参加の馬場(左)=ラスベガス(共同)
クロアチア代表戦でシュートを狙う、マーベリックスの一員として参加の馬場(左)=ラスベガス(共同)

 米プロバスケットボールNBAのサマーリーグで、マーベリックの馬場は第3クオーター残り4分15秒から出場。早い段階でアシストを決めたが、自らのシュートは、持ち込んで相手守備と当たったあとに放った1本のみで、決められなかった。「空いていたら行くし(敵が)寄ってきたらパスを飛ばす」と話していた通り、ゴール下に突っこんで外で待つ味方にパスするなど、味方を生かすことにも気を配った。

 接触プレーで右肩を痛めた。チームによると次の試合に出るかどうかは様子を見て決める。馬場は「フィジカルの強さという洗礼かなと思う。次に生かしたい」と話した。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ