PR

スポーツ スポーツ

【夏の高校野球】大船渡の佐々木朗希投手ら出場の岩手大会が開幕 

力強く入場行進する大船渡ナイン、最前列中央で登場した高校最速163キロを記録した注目の佐々木朗希投手はひときわ目立つ存在だった=11日、盛岡市の県営野球場
力強く入場行進する大船渡ナイン、最前列中央で登場した高校最速163キロを記録した注目の佐々木朗希投手はひときわ目立つ存在だった=11日、盛岡市の県営野球場

 〈岩手〉第101回全国高校野球選手権岩手大会が11日開幕した。初日は午前10時から盛岡市の県営野球場で開会式が行われ、出場71校66チームの選手が力強く入場行進した。

 今大会の注目は高校最速163キロを記録した大船渡の佐々木朗希投手。59番目に入場行進した大船渡の最前列で登場、192センチの長身はひときわ目立った。

 参加選手を代表して盛岡一の千葉浩気主将が「野球というスポーツを心から愛し、心から楽しみ、全球全力でプレーすることを誓います」と選手宣誓した。

 大会は24日に県営野球場で決勝が行われ、甲子園代表校が決まる予定。佐々木投手を擁する大船渡の初戦は15日花巻球場の第2試合で遠野緑峰と対戦する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ