PR

スポーツ スポーツ

ヤクルトは切り札の雄平が殊勲打

試合後にファンとタッチを交わすヤクルト・雄平 =神宮球場(長尾みなみ撮影) 
試合後にファンとタッチを交わすヤクルト・雄平 =神宮球場(長尾みなみ撮影) 

 ヤクルトが10日、DeNAを破った。

 切り札が最高の結果をもたらした。同点の七回2死二塁で、ヤクルトは代打の雄平が外に逃げる変化球を逆らわず左前に運んだ。昨季は打率・318を記録しながら、今季はベンチスタートも増えた35歳は「気持ちで負けないよう1球目から打ちにいった」と喜んだ。

 チームは開幕直後首位に立ったが、16連敗が響いて借金14の最下位で前半戦を終了。しかし、7月は6勝2敗と勝ち越し、「まだまだ諦めるつもりはない」と小川監督は後半戦を見据えた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ