PR

スポーツ スポーツ

【夏の高校野球】東京実、目黒などが勝利 西東京大会はコールド勝ち相次ぐ

【高校野球・西東京大会2回戦】日大鶴ケ丘対東大和】試合に敗れ悔しがる東大和・野中優聖(左)ら=多摩一本杉球場(撮影・桐原正道)
【高校野球・西東京大会2回戦】日大鶴ケ丘対東大和】試合に敗れ悔しがる東大和・野中優聖(左)ら=多摩一本杉球場(撮影・桐原正道)

 第101回全国高校野球選手権大会東・西東京大会は10日、12球場で行われた。東東京は2回戦9試合、1回戦1試合が行なわれ、東京実、目黒、東海大高輪台、荒川商などがそれぞれ3回戦にコマを進めた。西東京では2回戦14試合、1回戦4試合が行なわれ、府中西、昭和第一学園、日大鶴ケ丘、佼成学園、総合工科、府中などがコールド勝ち、3回戦に進んだ。

 東東京

 ▽2回戦

 【神宮】

東京実 200010000-3

東亜学園000100000-1

 【神宮第二】

橘   00010010-2

国学院 03020004x-9

(八回コールド)

広尾学園1010210-5

学習院 441030×-12

(七回コールド)

 【江戸川区】

目 黒201011010-6

独 協100100000-2

桜修館中教校

   000010000-1

   01010000×-2

葛飾野

 【大田】

 ▽1回戦

鷺 宮 200020000-4

攻玉社 00002300×-5

 ▽2回戦

東京成徳大高

   000000001-1

   00000101×-2

東海大高輪台

産業技術高専

   000000000-0

   20100010×-4

大  崎

 【明大】

 ▽2回戦

荒川商

   021106-10

   000000-0

青井・日本橋

(六回コールド)

国 際 003200006-11

東京農産020000001-3

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ