PR

スポーツ スポーツ

ラグビー7人制五輪代表候補に藤田、中村ら

ラグビー7人制代表の東京五輪に向けた強化策などを発表した(左から)稲田仁・女子代表ヘッドコーチ、本城和彦強化委員長、岩渕健輔・男子代表ヘッドコーチ=10日、東京都港区(奥村信哉撮影)
ラグビー7人制代表の東京五輪に向けた強化策などを発表した(左から)稲田仁・女子代表ヘッドコーチ、本城和彦強化委員長、岩渕健輔・男子代表ヘッドコーチ=10日、東京都港区(奥村信哉撮影)

 日本ラグビー協会は10日、2020年東京五輪に向けた7人制日本代表の第1次候補を発表し、男子は15人制代表で15年ワールドカップ(W杯)に出場した藤田慶和(パナソニック)ら13人、女子は16年リオデジャネイロ五輪代表主将の中村知春(アルカス熊谷)ら17人が選ばれた。

 今後は練習生も含めて強化合宿を重ね、12月に第2次候補を選出。男子の第2次候補は五輪まで7人制に専念し、20年1月開幕予定のトップリーグには出場しない。

 今月には1年後を見据え、男女とも「五輪シミュレーション」と題した本番さながらの合宿も実施する。選手村の置かれる東京都中央区晴海近郊のホテルに宿泊した上で、五輪会場の味の素スタジアム(東京都調布市)に移動しての練習試合などを計画。疲労度や試合のない時間の過ごし方などを検証する。

 初採用されたリオ五輪で男子は4位、女子は10位だった。7人制代表の本城和彦強化委員長は「プレゼンス(存在感)を高めていくにはメダル獲得はマスト(必須)」と力を込めた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ