PR

スポーツ スポーツ

田中将大が球宴に登板 2番手で1回無失点「ホッとした」

試合前の記念撮影で笑顔を見せるヤンキース・田中(中央)=クリーブランド(共同)
試合前の記念撮影で笑顔を見せるヤンキース・田中(中央)=クリーブランド(共同)

 米大リーグの第90回オールスター戦は9日、インディアンスの本拠地クリーブランドのプログレッシブ・フィールドで行われた。日本選手でただ一人選出されたヤンキースの田中は、二回にア・リーグの2番手として登板し、1回を1安打無失点に抑えた。

 田中は先頭打者から空振り三振を奪った。2死から内野安打を許したが、最後は投ゴロに仕留めた。登板を終えて「ホッとした。ゲームに入る前の流れが慌ただしく、あっという間に終わった」と振り返った。

 先発はアが今季10勝4敗のバーランダー(アストロズ)、ナ・リーグは10勝2敗の柳賢振(ドジャース)が韓国勢で初めて務めた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ