PR

スポーツ スポーツ

DeNAのロペスが今季2本目の満塁弾

プロ野球ヤクルト対DeNA 6回 満塁左本塁打を放つDeNA・ロペス=神宮(斎藤浩一撮影) 
プロ野球ヤクルト対DeNA 6回 満塁左本塁打を放つDeNA・ロペス=神宮(斎藤浩一撮影) 

 9日に行われたプロ野球のヤクルト-DeNAは、9-4でDeNAが勝った。ロペスの満塁本塁打で試合を決めた。

 1点リードの六回2死から「得意なボールを待って自分のスイングを意識した」と、143キロの直球を豪快にすくい上げた。5月30日の中日戦以来、今季2本目の満塁弾となった。

 7月は全8試合で安打を放つなど好調を維持。ここ5試合で4本目の本塁打にも、「数字は意識していない。チームに貢献することを考えている」と頼もしい。6年連続のシーズン20本塁打にあと1本と迫った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ