PR

スポーツ スポーツ

ロッテ・佐々木、2年ぶり勝利「ちょっと泣きそう」

力投するロッテ・佐々木千隼=ZOZOマリンスタジアム(田村亮介撮影)
力投するロッテ・佐々木千隼=ZOZOマリンスタジアム(田村亮介撮影)

 9日に行われたプロ野球のロッテ-日本ハムは、6-1でロッテが勝った。右肘の故障から復帰した佐々木が7回5安打1失点と好投し、2年ぶりの勝利。お立ち台でファンの歓声を受け、「ちょっと泣きそうです…」と目を潤ませた。

 ドラフト1位で入団した2017年には4勝したが、右肘関節を手術した昨年は未勝利に終わった。今回の昇格前に2軍戦で打ち込まれ、「球筋が見えやすいのかも」と投球時の肘を上げるようフォームを修正。この日は「だいたいの球種をねらったところへ投げられた」と手応えを得た。

 「しっかり仕上げて、コントロールよく攻める投球をしてくれた」と井口監督は評価。球宴後の先発ローテーションに「(佐々木)千隼(ちはや)は入ってくる」と明言した。佐々木も「後半戦で少しでも力になれれば」と、期待に応えるつもりだ。(三浦馨)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ